500万円以下の費用で行うリノベーションの口コミ

500万円以下の費用で行うリノベーションの口コミ1

リノベーションをする時の費用を500万円以下に抑えたいと考えている人も多いですが、どのようなリノベーションをする事が出来るか分からない人も少なくないでしょう。そこで.費用が500万円以下で出来るリノベーションについて見ていく事にしましょう。

・100~200万円だと部分的なリノベーション

リノベーションをする時の費用を100~200万円で抑えたい時は部分的な工事になります。トイレや浴室など一部を改装するなど劣化した部分を綺麗にする事が出来ます。部分的にリノベーションして新しくしたいと考えている時は費用を100~200万円で抑える事が出来ます。

・200~300万円だと間取りの一部を変更する事が出来る

リノベーションをする時の費用を200~300万円で抑えたい時は間取りの一部を変更する事が可能です。和室とリビングを一体にしたりキッチンを広くしたりする事が出来ます。間取りの一部を変更したいと考えている時は費用を200~300万円で抑える事が出来ます。

・300~500万円だと耐震性の向上をしていく事が出来る

リノベーションをする時の費用を300~500万円の範囲内で考えている時は間取りの変更の他に耐震性を向上していく事が可能です。特に築年数が経過している建物は耐震性に不安があるので300~500万円の範囲内でリノベーションをして耐震性を向上していく方がいいです。

500万円以下の費用で行うリノベーションの口コミ2

リノベーション工事も、規模や内容が様々ではありますが、フルでオーダーするとなると、1千万以上かかるというのも少なくはありません。それだけ工事費がかかると、リノベーション自体が難しくなる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、500万円以下で費用を抑えるリノベーション工事もあります。さすがに、フルオーダーは難しいのですが、既にある設備を生かし、更には自分でできるリノベーションなども取り入れれば、安く済ませられることができるのです。

その場合、キッチンや玄関、リビングのみなど予算との兼ね合いを考えながら、リノベーションする場所を限定させる必要があります。それでも、使い勝手が良くなったり、空間の雰囲気がガラリと変わります。

デザインにこだわれば、また一風違った雰囲気となり、モダンでおしゃれな空間を作り上げることも可能です。予算が少なかったとしても、工夫次第でその可能性は無限大に広がっていくのです。

小物使いやデザインを工夫して、素敵なリノベーションに成功したという実例も、数多く存在しています。リノベーションしたい場所をよく考え、無駄なことがないかを考えて行けば、自然と予算は低く抑えることができます。インターネットで実例を見て勉強するのもオススメです。

500万円以下の費用で行うリノベーションの口コミ3

我が家が費用が500万円以下のリノベーションをしました。
築25年の主人の実家をリノベーションしました。

新築にまるまる建てかえようか、リノベーションにしようか悩みましたが、建物自体はまだまだ丈夫な造りですし、見た目も古さを感じない戸建だったのでリノベーションに決定しました。

親戚がリフォーム会社を経営していたので、頼みやすかったです。

大きな間取りは変更しなく、キッチンを対面式にしました。
全フローリングの張り替え、クロスの張り替え、外壁、を変えました。
その他に、水周りはキッチンのシンクはそのままで蛇口だけを変えて洗面所はシャンプードレッサーを交換しました。
お風呂はそのままで、1階と2階にあるトイレはトイレタンクごと交換しました。

予算が500万円以内でしたので、この時点でまだ予算に余裕があったので、玄関ドアの交換とガレージのシャッターを交換し、リビングの窓も交換しました。

期間は1週間もかからずに終わりました。
リノベーションしている間は、ウイークリーマンションに住んでいましたので、新しい我が家に帰れた時はとても嬉しかったです。

新築に建てかえるより、費用もぐっと抑えられたのでその分家具を新調できました。