リノベーション・マンションを選ぶときの注意点3

耐震性はマンションの構造によって異なります。

今回は3つの構造についてご紹介。
耐震構造
耐震構造は建物を支える柱、梁が強度向上の為、地震エネルギーの吸収、地震に踏ん張ります。

エネルギーを吸収する点から、地震時は地面の2~3倍揺れ、物件の損傷、家具の転倒が予測。

現在、多くのマンションはこの耐震構造となっています。

制振構造は建物構造に制振装置であるダンパーを配置し、制振装置が地震エネルギーを吸収する仕組みです。

地震の揺れによる被害は、制振部材に限定されます。

高層鉄筋コンクリート造の重い建物では各階にダンパーを配置。鉄骨造の軽い建物には最上階に配置。

さらにダンパーは地震の揺れのみならず、強風による揺れも抑制します。
制振構造
制振構造は建物構造に制振装置であるダンパーを配置し、制振装置が地震エネルギーを吸収する仕組みです。

地震の揺れによる被害は、制振部材に限定されます。

高層鉄筋コンクリート造の重い建物では各階にダンパーを配置。

鉄骨造の軽い建物には最上階に配置。

さらにダンパーは地震の揺れのみならず、強風による揺れも抑制します。
免震構造
免震構造とは地盤と建物間に免震層となる積層ゴムの配置によって、

揺れを吸収、低減させ、揺れに共振しない構造となっています。揺れ方は地面に対して平行揺れ。

耐震構造、制振構造と比較した場合、地震による建物のダメージは軽減。

通常と比べた際には3分の1から5分の1まで低減可能です。

建物内の家具への影響、建物自体への影響が減少します。

その分、免震構造は免震構造は建築コスト、免震装置のメンテナンス、交換費用が

高くなるデメリットが挙げられるため予算との相談が必要になる構造です。

現段階では免震構造が耐震性では一歩リードしています。

リノベーションマンションービル
リノベーションマンションービル