リノベーション・マンションを選ぶときの注意点1

1リノベーション元の物件調べ

リノベーションマンションを計画している場合、まずリノベーション元の物件が必要になります。

住むなら条件に適した物件を希望しますよね。

特に理想の暮らしや物件が明確な方はいくつかの不動産会社へ出向き、自分の希望を伝え、

該当物件の見つかり次第紹介をもらえるよう心がけましょう。

声かけをしておくだけで紹介がもらえるだけでなく未公開・非公開物件まで見れるチャンスを得られますよ。

リノベーションマンション画像3
リノベーションマンション画像3

2耐震基準は新基準か

中古マンションを選ぶ際は基本的に1981年6月1日以降に建築確認が申請されたマンションを。
つまり旧耐震基準時代のマンションは避けましょう。

旧耐震基準と新耐震基準の差は次のようになります。

旧耐震基準とは大正時代に耐震基準が成立してから新耐震基準へ改心される1981年までの耐震基準を示します。

旧耐震基準は震度5程度の地震に耐えうる建物が基準である為、それ以上の地震への対応を想定していません。

一方、新耐震基準とは旧耐震基準では対応できない強度のある建築を建てる為に1981年に成立し、
新耐震基準では震度6強から7に程の地震で倒壊・崩壊しない建物が基準となりました。

築年月は必ずしも建築確認が申請承認された月ではありません。

築年月は建築が完成した月を示します。

よって1983年に築年されたとしても建築確認が1981年以前に行われている場合旧耐震基準で設計されています

ポイントはいつ建築確認申請承認がされたかを確認することですね。